読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君が悪いと囁く巨大なクチビルが部屋に浮いてるんだけど気味が悪い

体験・現象
スポンサーリンク

f:id:afrokanchan:20170218221844j:plain

君が悪いんだ、という言葉が頭を巡るようになってからもう1ヶ月が過ぎようとしてます。

最初は、仕事や人間関係によるストレスかと思ってたんですが、それもどうやら違うようで。

何がキッカケかは分かりませんが、頻繁に金縛りになるようになったんですよね。

普通、金縛りというと寝ているときに起こるものですが、普段何気なく生活しているときも起きるんです。金縛りが。

誰かと居たりすると大丈夫なんですが、ふとしたとき、例えば、トイレの個室にいるときとか、電車で座っているときとかによく起きます。

今ではすっかり慣れてしまって、「あぁ、またか」というぐらいにしか思わなくなってしまったんですけど、これって異常ですよね?

それだけならまだしも、誰かに耳元で「君が悪い」と囁き続けられているような感覚もあるんです。

でも、これ、ただの勘違いじゃなかったようなんですよね。

つい昨日のことなんですけど、寝ているときにいつものように金縛りになってしまいまして。

金縛りのときって、何もなくても不思議と恐怖心が出てくるものなんです。

部屋は真っ暗じゃないと寝付けない性格なんですけど、やっぱり聞こえてくるんですよね。

君が悪い、君が悪い」って。

体や首は動かせないものの、眼球だけは動かすことができる金縛りの不思議。

キョロキョロと周りを伺ってみると、どうにも変なものが宙に浮かんでいるのが見えました。

僕の顔の15cmほど左にあたりに、直径20cmほどの物体が浮かんでいるんですよ。

一目見たときに直感でわかりました。『あぁ、クチビルだな』って。

なんていうんですかね、分厚い「タラコクチビル」ってあるじゃないですか。あれなんですよ。まさしく。

20cmほどのタラコクチビルが宙をプカプカと小さく上下しながら浮いているんですよ。

僕はあいにく読心術なんてものは持ち合わせていませんが、何か喋っているように動いているんですよね。クチビルが。

初めのうちはただの夢かと思ってたんですが、やっぱり何か喋ってる。

金縛りになりつつも、じっくりとそのクチビルを観察してやっと聞き取れました。

君が悪い」って言葉が。

『やっぱりコイツだったのかぁ』なんて妙に腑に落ちてしまいました。

コイツがすべての原因だったのか、と。コイツがすべての元凶だったのか、と。

困ったことに、その言葉を聞き取れてから、急にそのクチビルの声が大きくなったんですよね。

「君が悪い、君が悪い、君が悪い、君が悪い、君が悪い……」

狂ったように同じ言葉を繰り返すクチビル。そして、身動きが取れないままその言葉を聞くことしかできない僕。

もう、ホント狂ってます。

あぁ、気味が悪い。